あくびネットの「v6プラス」について

日本ネットワークイネイブラー株式会社 より

あくびネットのインターネット速度の説明で「v6プラス」という説明があります。
では、「v6プラス」とはどんなものなのでしょうか?
ここでは「v6プラス」について説明致します。

「v6プラス」は「IPv6アドレス」でのインターネット通信が可能となるサービスで、「IPv4/IPv6インターネット接続サービス」のことです。

「v6プラス」とは?

v6プラスは、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用するISP事業者がIPv6及びIPv4の設備を持たずにインターネット接続サービスをお客さま(エンドユーザ)にご提供いただくためのサービスです。

本サービスは、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービスです。

日本ネットワークイネイブラー株式会社 より)

「v6プラス」の特徴

『コストが安い』
・・・「IPv4」と「IPv6」の両方をJPNE(日本ネットワークイネイブラー株式会社)で利用することにより、別々の会社で利用した時に発生する「二重コスト」問題が解消する。

『速度が速い』
・・・フレッツ光回線での今までの方式、「PPPoE方式によるIPv4インターネット接続」の場合ですと200Mbps、100Mbpsなどに速度が限定されていました。
しかし「v6プラス」ではその速度制限がなく、下り最大1Gbpsの速さでインターネットを利用することができます。

とあるサイトの検証では「PPPoEでの接続」と「v6プラスの接続」では、最大で500倍もv6プラスのほうが速い、というデータがありました。
また、「PPPoEでの接続」では深夜などに極端に遅くなることがありましたが「v6プラスの接続」ではそのようなことはなく常に安定しているというデータがあります。

『簡単である』
・・・専用アダプタ等を設置する必要がなく、v6プラス対応ブロードバンドルーターを設置するだけで良い。

「v6プラス」のデメリット

「v6プラス」のデメリットは、
・一部のオンラインゲームができなくなる(全てではなく対応するゲームもある)
・自宅でサーバーを建てられない
・自宅のパソコンに外からアクセスできない

などのものがありますが、「v6プラス」はメリットのほうが大きいと思います。