プロバイダーOCNの格安SIMコラム「格安SIMの賢い使い方」

「格安SIMの賢い使い方」

プロバイダーOCNの格安SIMコラム「格安SIMの賢い使い方」

NTTコミュニケーションズが運営するプロバイダーOCNの格安SIM『OCN モバイル ONE』のコラム「格安SIMの賢い使い方」です。

お悩み4:格安SIMのちょっと賢い使い方って?(乗換えのギモン)

実際にモバイルONEを利用しているユーザーさんに聞いてみました!

名前:多田さん(仮名)
職業:会社員
自宅のネット環境:光回線(OCN光)
利用プラン:10GB/月コース(音声対応SIM)
通信容量を複数枚のSIMでシェアできる「容量シェア」で、スマホとタブレットを使用しています。

■格安スマホ乗り換えのきっかけ
去年頃から、格安スマホの情報はネットの広告や記事でよく見ていて興味がありました。
OCNモバイルONEが当時していたキャンペーンの情報を知ったことをきっかけに、乗り換えを決めました。

■なぜOCNモバイルONE
最近たくさんの格安スマホを出している企業がありますが、「NTTグループが提供しているサービス」という安心感がありOCNモバイルONEを選びました。

OCNモバイルONEの使い方

■スマートフォンとタブレットそれぞれにSIMを挿して、10GBのデータ通信容量をシェアしながら使っています!

■動画は乗り換え前から引き続き、よく見ています。

格安SIM乗換えで料金はこんなに変わる!

【乗換え前 大手通信キャリア】
月額料金:934円(ホワイトプラン)
+934円(Wホワイトプラン)
通話料金:4500~5000円(従量課金)
ネット接続料:300円
データ通信料:5700円(パケットし放題フラットfor4G LTE)
月額合計:約12000円(税抜)

【乗換え後 OCNモバイルONE】
月額料金:3000円(音声対応SIM 10GB/月コース)
通話料金:800~900円
ネット接続料:0円(月額料金に含む)
データ通信料:0円(月額料金に含む)
容量シェア月額費用(データ専用SIMカード):400円(タブレット用)
OCN光モバイル割:-200円
月額合計:約4000円(税抜)
端末代:0円(もともと利用していたiPhoneを使用)

1ヶ月あたり8000円の節約 1年で約96000円の節約に成功!
144000円/年(乗り換え前)⇒48000円/年(乗り換え後)
スマートフォンとタブレットを両方使うので、容量シェアは私にぴったりなプランです!

まとめると

『格安SIMのちょっと賢い使い方って?』

結論!!
「容量シェア」で自分にあった賢い使い方!
スマホとタブレットにSIMを挿して、通信容量を賢くシェアしています!

※容量シェアは最大5枚のSIMカードで利用できます。

あくびコミュニケーションズの格安スマホ、「あくびモバイル」もおすすめです。

あくびモバイル