LTEとは?

LTEとは?

スマホなどのモバイルインターネットの用語で「LTE」という言葉が出てきますが、どういう意味なのでしょうか?
今回は「LTE」についての解説です。

まず「LTE」は「Long Term Evolution」の略語です。
読み方は「エル ティー イー」と読みます。
携帯電話通信規格のひとつであり、「3G」という第3世代携帯電話で採用している規格をさらに高速にしたものです。
正式には3Gの拡張版で「3.9G」というようなのですが、現在は「4G」と呼ぶことが認められているようで「4G」とすることも多いです。
NTTドコモでは「Super3G」と呼ぶようです。
つまり、「4G」ができるまで、「3G」と「4G」の間のつなぎのような役割を果たしました。

LTEの速度は
・上り50Mbps以上
・下り100Mbps以上

ということで、ブロードバンド回線に近い速度での通信が可能です。
接続やデータの送受信も、3Gに比べると速くなっています。

LTE通信の機器は、「LTE対応モバイルルータ」はLTE対応モバイル端末(スマートフォンやタブレットなど)を使用します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする