インターネットの速度で使われる「bps」とは?

bpsとは?

あくびネットのインターネットの速度の説明で「v6プラスなら下り最大1Gbpsでインターネットをご利用できます」
というものがあります。
この説明で「1Gbps」というものがありますが、この「bps」について説明致します。

「bps」は、英語の「bits per second」の略語です。
株式・金融関連用語でも「1株当り純資産」という意味の「BPS」がありますが、それとは別の言葉です。
「bps」の読み方は「ビーピーエス」です。
表現を変えると「bits/second=bits/秒」ということになります。
意味としては、インターネットの通信速度を表す単位のことです。

・「1bps」・・・1秒間に1bit転送するという意味です。
・「10bps」・・・1秒間に10メガbit転送するという意味です。

同様の速度の単位で「Bytes(バイト)」があります。
意味は「1秒間に何byte転送するか」というものです。
・「1byte」=8bpsとなります。

それぞれの用途ですが。
「bps」・・・通信速度
「byte」・・・ファイルなどの容量(「KB」「MB」「GB」など)

インターネットの速度で使われる「bps」とは