あくびネットの「v6プラス」は速い!その理由とは?

あくびネット

@niftyの「v6プラス」についての体験レポート記事がありました。

「v6プラス」というのは、「日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)が提供するIPv4/IPv6インターネット接続サービス」です。
IPoE方式のIPv6接続を基本としてMAP-E方式のIPv4接続サービスもあるというものです。
このサービスは「あくびネット」「GMOとくとくBB」「@nifty」などが提供中です。

この記事によると、まず契約後1週間で書類が届き、「PPPoEでの接続サービス」はその直後に使用できたものの「v6プラス」を使用できたのは契約から約1ぁ月後だったということです。
ちなみにあくびネットでは、申込み、契約から開通までは最短で2日程度です。
v6プラスが速い理由
v6プラスの速度について体験談があります。
まず回線速度が遅くなる理由はプロバイダ設備の問題としています。
「IPv4ネットワーク」にアクセスが集中して、1契約者が使用できる帯域が非常に狭くなってしまうことが原因だそうです。
その為「v6プラス」については「PPPoE」では違う接続先を用意。
別の場所なので混雑しておらず、高速で通信できるという訳です。
つまり今までの接続先が「IPv4ネットワーク」で新しい接続先が「IPv6ネットワーク」になります。

ちなみにあくびネットではこのように説明しています。

「v6プラス」はIPoE方式によるIPv6/IPv4インターネット接続サービス。従来のPPPoE方式では200Mbpsや100Mbpsに速度が制限されていましたが、「v6プラス」なら下り最大1Gbpsでインターネットをご利用いただけます。例えるなら、時速1,000kmで通行可能な道路を時速200kmに速度規制して目的地へアクセスしていた状態から、フルスピードで通行できるようになったようなもの。動画の閲覧など大きなデータを受信する場合でも、快適にお楽しみいただけます。
「あくびネット」 | あくびコミュニケーションズ より)

そして回線速度についてですが、あくまで個人の体験ですが「2倍から3倍」という結果が出たそうです。
常に安定しているという事です。
ひとつ注意点は、一部制約などがあるという事です。その点をよく確認して、あくびネットを利用頂ければと思います。